联系电话
口コミ、インターネット販売のみで! 全国に1000名以上の 理 美容師さま トリマーさまがご愛用! カットシザーの事なら 岡田 理器 商会

 

シザーQ&A


 Q 材質で何が違うの?

   A 材質の一番の違いは、永切れするかどうか?です。

   やわらかい材質ですとすぐに切れ味が悪くなります。
   ですが、硬い材質が良いのか?といえば欠点も良点もあります。
   欠点は硬い材質は折れやすいというのが弱点です。
   永切れするのが最大の魅力ですが、どの材質も、マメに研ぎに出して
   いただければ切れ味はいつも良い状態を保つことができます。

   コバルト系などよく粘りがあるなどと表現されますが
   材質独特の切れ方もあります。価格が高いから良い製品というのではなく
   自分の握ったフィーリングや切れ方、スタイルに合わせて選択すれば良いです。

   ※永切れ 永く切れる期間


 Q 同じ材質で同じような形なのにメーカーによってなぜ価格が違うの?


   A 理 美容師さまの価格と同じで、同じカットなのに価格が違うのと似ています。

   例えば理美容師さまが高級店にお勤めされていたのに低価格店に転職されたからといって
   高級店でいただいてた料金はいただきませんよね?

   製造元が同じで、販売するメーカーが違うだけで価格は違います。
   そのメーカー独自の値段設定ですので、価格以上の価値があるか?
   判断されるのはお客様です。


  Q どうすれば長期間シザーを使用できますか?


   A 使用後 セーム皮などで返刃などをしっかり拭き取るだけでぜんぜん違います。
   また、開閉時に重たい感じがする場合は触点にオイルを補給してください。

   濡れた状態での放置もおすすめできません。
  シザーは錆びにくい材質で製作されていますが100%ではありません。
  錆びることもありますので注意が必要です。
  研ぎメンテナンスにマメに出すことをおすすめします。
  また、自動車などの高温になりやすい場所での保管は切れ味を落とす?ことがあります。


  Q シザーの長さはインチですが何センチですか?


   A シザーは、1インチ約2.54cm もしくは長さ×約0.54と言われてます。

   これは全長ではなく、指かけ前までの長さで表示されるメーカーがほとんどです。
  よく、勘違いされるのは刃長が7センチだから7インチ?と思われている方がみえますが違います。
  世界では、5インチ~5.5インチが圧倒的に人気があります。
  日本では、美容師さまは5.5インチ~6インチ 理容師さまは6.5インチ~7インチが人気があります。
  世界と比べて日本では少し長めが人気があるようです。


 Q ネジの違いで何がちがいますか?


    A ネジには代表的なもので マイナスネジ 埋め込み式ネジ 板バネ式ネジ 自在ネジがあります。

   マイナスネジは比較的安価なシザーや昔のシザーによく使用されていました。
  マイナスドライバーで調整するタイプで他のネジと比較した場合、緩みやすい感じがするとよく言われます。
  埋め込み式ネジは凸がないので髪が挟まったりしにくいですが
  調整は専用ドライバーでないと出来ません。

   自在ネジや板バネネジはネジとシザーとの間にワッシャーを噛ませて
  ネジの緩みなど抑えるタイプです。
  指で調整できるので、現在のシザーの50%以上はこのどちらかのタイプ
  のネジが採用されています。

   ネジは精密な部品ですが、同じサイズのネジなのにしっかりフィットするもの
  しないものがあります。ネジは購入するだけではなくそのシザーに
  フィットするものをシザーを送ってつけてもらうことをおすすめします。


  Q シザーは自分で研がないほうがいいですか?


 

 A もちろん自分で研ぐより研ぎ師やメーカーにお願いすることをおすすめします。

   素人さまのようにただ切れれば良いという方でしたら
  ご自身で研いでいただいてもよいと思いますがシザーの寿命は極端に短くなると思います。
  また、研いでいるうちに刃先が磨り減って、刃先が合わなくなり先を
  つめなければなら(短くする)なくなります。

   自分で研ぐ方はベンダーの購入をおすすめします。
 ※ベンダー(ハンドルを曲げて刃先を調節する器具)

   理美容師さまやトリマーさまは切れるだけではなく、切れる感覚や永切れすることを大事にされると
  思いますので料金はかかりますが専用業者さまにお願いしてください。


  Q 普通のはさみとプロ用のシザーの違いは?


 A ●そり●ひねり●裏すきがお互いの力を引き立たせてはじめて1つの大きな力になります。

   ●ソリとは?

   例えるなら右手と左手を合わせてください。
  指の先と手のひらの下の方をくっつけて真ん中にすき間が開いた状態です。
  貝が合わさったようなイメージです。
  シザーはここまで極端ではありませんがよく見るとこのような形状です。
  そりが甘いと刃先はすぐに切れなくなります。

   ●ひねりとは?

   シザーはプロペラのような形になってます。シザー(セニングは動刃)を真上から
  光を当てていただくと光の筋がネジから右に向かって走ります。
  これは、しっかりひねりが加わってプロペラ状になっている証拠です。
  ひねりが加わってないとネジから刃の中心に光が走ります。
  これは、刃と刃の接点を小さくして、そりとの相乗効果によって刃先にむかって
  力を集中して伝える為です。

   ●裏スキとは?

   刃の裏側の窪みのことです。 刃を広げてネジ(触点)とハンドルの間をみるとよくわかります。
柔らかい髪を想定して鋭く刃を付けて製作されていますので硬いもの物は絶対切らないでください。


  Qセニングの正刃と逆刃の違いは?


 Aカットしようとしている束、またはスライスした髪がすいた場合
   すいた髪が表面に来るか?裏面に来るか?の違いです。

   正刃は表面で逆刃は裏面にきます。
  正刃は、一般的にはフリーハンドで、すく場合や毛量調節には正刃を使用します。
  逆刃は、刈上げのぼかしや内巻きスタイルなどに適しています。
  同じ梳き刃でも正刃はたくさんすけて、逆刃はあまりすけていない感覚になります。 

 

 

Copyright (C) 2009-2011 okada Online .All right reserved. Priva

お客様の声    研ぎ師養成&販売代理店募集    注意事項    業者さまページ研ぎ師様    シザーQ&A    Privacy Policy